シンキングスクールとは?
脳の上手な使い方
すべての子供は大きな可能性を持ってこの世に生まれてきます。
しかし、自由にのびのびと知識を吸収するためには、さまざまな感覚を通じて自分に入ってくる情報を効率良く消化できる“脳の上手な使い方”を学ぶ必要があるのです。

育てられた環境やその他の理由により、健全なからだでも、目・耳・手、脳を有効に使う技術に乏しく、 それが原因で本来の能力を発揮出来ていない子供がいます。

「何もしなくても、そんなこと自然に出来て当たり前だ」という考えは正しくないのです。
意味ある体験
子供にはたくさんの“意味ある体験”をして欲しいのです。

“意味ある体験”とは、それを通じて自分を知り、新しい「知恵」を身につけることが出来る体験。
本来は親、兄弟、友人、教師との関わり、課外活動、遊びなどによってもそういった体験は可能でもあります。しかし近年は遊べる場所が減ったこと、遊び道具が変わったこと、子供の数が減ったこと、学校教育の変化などによりこういった体験が満足に出来ない状況になってきています。
まずは目
読んだり、書いたり、計算したりの全てが、文字、数字、記号などを見極めることから始まるように、 子供達が学校で関わる作業の多くが、目の働きに依存しています。
目は学びが発生する第一の道具である といっても過言ではありません。

“目”と聞くと最初に“視力が良いか悪いか”を思い浮かべると思います。
しかし“視力”というのは静止した状態で、どれだけ細かい文字や記号をはっきり見ることが出来るかを判定したものであり、目の持つ機能のほんの一部でしかありません。
視力が良くても「ちゃんと見えていない目」があるのです。
さらに耳や手からの感覚は視覚と結びつき、それぞれがフィードバックしながら子供の思考力に影響を与えます。よって、目や耳、手、指先を上手に使えることは非常に大切なことなのです。
正しく「見て」柔軟に「思考する」
シンキングスクールは、国語や算数などの強化指導を行う塾ではありません。
1クラス最高6名の少人数指導により、子供に目、耳、手、そして脳を駆使する“意味ある体験”を提供し、子供が正しく見て、柔軟に思考するための土台作りをするトレーニングスクールです。
☆ ビジョントレーニングとは?
☆ オプトメトリストとは?
☆ 先生の紹介
☆ 入校までの流れ
Page Top△